書影

木石の詩

新山清 写真一般 880円

作品説明

新山清は旭光学(アサヒペンタックス)で東京サービスセンター所長を務めアマチュアカメラマンの指導していた。1969年5月13日、指導の帰りに目黒駅近くで精神異常者の兇刃に倒れて急逝する。この写真集『木石の詩』は新山と親しかった友人らによって作られた遺作集でその選者は浜谷浩、植田正治、縁川洋一、鈴木八郎と言った60年代を代表する写真家達が名を連ね、新山清の交友関係の広さが窺われる。(編集・デジタライズ:五味彬)

【目次】
語りつくしたかった新山さん岩間倶久
新山君の憶い出 植田正治
新山さんを偲ぶ魚住励
新山清氏を悼みて。 内田耕作
新山さんと全日写連大木栄一
富士フォトサロンと新山君大場栄一
新山氏のおもいで清岡惣一
芸の行きどまりを見せずして田中雅夫
新山さんのおもいで 濱谷浩
新山君よなぜ逝った緑川洋一
遺作集に八木治
新山さんと私 鈴木八郎
写真展 木石の詩に寄せて秋山青磁
Original Page Layout
新山 清 Biography

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/05/13
出版社:ボイジャー・プレス
ShINC.PUBLISHING

新山清の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com