書影

現代科学を背景として哲人たちに学ぶ——知の総合と生命——

唐木田健一 哲学/思想 702円

作品説明

カントの『純粋理性批判』は「ア・プリオリな総合的判断」なるものが存在することを前提としている。しかしそれは、20世紀初頭の物理学革命において、カントが考えたようには成立していないことが示された。それでは、『純粋理性批判』は現代のわれわれにとっていかなる意味をもっているのか。また、20世紀半ばのDNA構造決定を端緒とする生物学革命が実際ますます明らかにしつつあるのは、生命は物理学や化学に還元できないということである。本書では、哲人たちの古典的諸著作の現代的意義、およびその行き着く先を考察する。

【目次】
はじめに
一章 ヒュームあるいは因果性の問題
二章 それではカントは何をしたのか?
三章 弁証法的ヘーゲル
四章 厳密なフッサール
五章 ニーチェ=ハイデッガーの「力への意志」と正義
六章 フロイト、抑圧と闘う
七章 マイケル・ポラニーの個人的知識
八章 意外な二人、ポラニーとサルトル
九章 サルトルの弁証法的理性
十章 生命:全体化作用の根源

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2019/05/24
出版社:ボイジャー・プレス

唐木田健一の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ