書影

平野甲賀100作

平野甲賀 絵画/作品集 1620円

作品説明

【メディア掲載情報】
・新文化(2019年5月23日号)で紹介されました。
・文化通信(2019年5月13日号)で紹介されました。
・毎日新聞(2019年4月21日東京朝刊)の「今週の本棚」で紹介されました。
◇ ◇ ◇

力強く、かつ繊細に――。独特な描き文字を駆使した平野甲賀の装丁は、数十年にわたり出版界を牽引してきました。手がけた装丁はその数7000冊。平野甲賀が毎日写経のように、すでに出版された装丁やかつての演劇・コンサートのポスター・チラシに描いた文字に向かい、いまいちど自ら手を加え、和紙に刷り出した作品の集積です。本書にはこれら作品とあわせて、平野甲賀がこれまで著書・インタビューに書いた・語った言葉を再編成して収めています。収録作品は読みながらインターネットを介してすべて購入できる仕組みになっています。

【目次】
1 装丁と本づくり
  産地直売のデザイン
  装丁しながら思い浮かぶ顔
  本づくりは共同作業 他

2 漢字の向こうに風景が
  物を見てかく象形文字
  ひと文字の風景
  漢字という風景画の来歴 他

3 漢字仮名混じりの衣装
  漢字仮名混じりの世界
  「の」の字の宇宙
  文字は衣装だ

4 もじを描くということ
  文字の裏付けのうえに自分の形を持ち込む
  文字そのものが孕む力
  生きてきた時代の幅で受けとめる 他

5 絵ごころ文字ごころ
  ぼくの好きなイラストレータたち
  スタイルをもったイラストレーション
  様式をもつということ――ラダの三種の線 他

6 演劇が教えてくれたこと
  描き文字を選んだわけ
  〈再利用〉という思想
  それでも「ない」文字は自分で描く 他

7 デザインと生活と意見
  生活のスタイルを表明していくだけ
  たとえばコンピュータにも生活の習慣が
  庶民のデザイン 他

8 フォントと描き文字のあいだに
  本の装丁をリトグラフにしてみたわけ
  文字の中の文字
  さらにフォント『コウガグロテスク』へ 他

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2019/04/19
出版社:ボイジャー

平野甲賀の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ