新着作品
書影

看護実践の語り 言葉にならない営みを言葉にする

西村 ユミ 医学一般 2282円

販売終了

作品説明

看護師たちは、勤務交代をしながら、患者の状態を確認し、同僚や医師と意見を交わし、ナースコールが響くや、足早に病室に向かいます。看護師の関心は、つねに患者の状態にあるので、自分たちがどのように実践しているのかについて言葉にする機会があまりありません。「言葉にならない技術」と言われる所以です。しかし看護師たちの語り合いの場には、実践の知恵を知る手がかりがたくさんあります。本書は、看護師にグループインタビューして率直な会話を 作り出すことによって、看護実践についての見方や枠組みを再発見し、捉え直していった創造的な試みの記録です。看護師や医療関係者にとってだけでなく、病者として看護に関わる私たちにとっても、看護とはどういう営みなのか、その実践が何に支えられているのかを深く考え、知る機会となる本です。

【目次】
はじめに
序 章 語りを始める

第1部 駒に追いつくように動く

第1章 〈見えてくる〉という実践

第2章 「うまくできない」実践の語りが示すもの

第3章 「困った」けど困ってない

第2部 行為を踏みとどまらせるもの

第4章 応答としての苦しみ─「引っかかり」はいかに問われるか

第5章 自分の実践のもと

第6章 引っかかりから多様性へ

終 章 語りが生み出す普遍

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2024/07/05
出版社:新曜社

西村 ユミの作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com