書影

地域でつくる・地域をつくる メディアとアーカイブ

松本恭幸 社会問題 1936円

作品説明

【持続可能な地域社会のデザインに向けた実践・役割・課題】地域の魅力発信、ローカルな歴史の記録と公開など、コミュニティメディアとコミュニティアーカイブが地域再生に果たす役割が注目されている。コロナ禍を経た現状をふまえ、その課題を整理し、全国各地の先進的な事例を紹介する。

※本書は、大月書店刊『地域でつくる・地域をつくる メディアとアーカイブ』の電子書籍版です。

【目次】
第I部 地域の情報環境整備
第1章 官民連携による地域のコミュニケーションデザイン(松本恭幸)
第2章 格差のない読書機会を享受できる社会へ(荒井宏明)
第3章 地域の情報拠点としての図書館(嶋田 学)
第4章 新しい地域メディアとしての市民参加型「本屋さん」(鈴木賀津彦)

第II部 地域からの情報発信と交流の場づくり
第5章 地域情報サイトの動向と展望(松本恭幸)
第6章 市民メディア全国交流集会(関本英太郎)
第7章 コロナ禍に生まれた共感メディア(兼古勝史)
第8章 地方のNPOによる情報発信と地域の場づくり(畠山茂陽)
第9章 江古田映画祭(田島和夫)
第10章 大学生による地域の映像制作(坂本 旬)

第III部 地域の記録と記憶の継承
第11章 地域におけるコミュニティアーカイブの構築に向けて(松本恭幸)
第12章 地域のアーカイブコンテンツの持つ潜在的可能性(宮本聖二)
第13章 リレー型デジタルストーリーテリングと記憶の共有(土屋祐子)

終章 持続可能な地域社会のデザインに向けて(松本恭幸)

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/04/22
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

松本恭幸の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com