書影

犬房女子 犬猫殺処分施設で働くということ

藤崎童士 ノンフィクション 1408円

作品説明

2013年春、動物愛護法改正に伴い、熊本県動物管理センターで働き始めた玲と和美。
ガス室での殺処分が漫然と続く職場で、犬猫たちを救おう、せめて環境を改善しようと奮闘するも――。
現場のリアルに迫るノンフィクション。

杉本彩さん推薦!

【目次】
プロローグ
第一章 二つの施設
第二章 厳しい現実
第三章 敗れざる者
第四章 蘇生
エピローグ――熊本地震の裏でなにが起きていたか?

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/30
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

藤崎童士の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com