書影

私たちはふつうに老いることができない 高齢化する障害者家族

児玉真美 福祉 1584円

作品説明

いま障害者の親たちは老いによる心身の衰えを実感し、我が子の生活を支えることに限界を感じ始め、すでに自身が病んだり要介護状態になりながら支えているケースも多い。親たちの聞き取りをもとに実情と支援のあり方を考える。

【目次】
第1部 これまでのこと
第1章 障害のある子どもの親になる
第2章 重い障害のある子どもを育てる
第3章 専門職・世間・家族
第4章 「助けて」を封印する/させられる
第5章 支えられ助けられて進む

第2部 今のこと
第1章 母・父・本人それぞれに老いる
第2章 多重介護を担う
第3章 地域の資源不足にあえぐ

第3部 これからのこと
第1章 我が子との別れを見つめる
第2章 見通せない先にまどう
第3章 親の言葉を持っていく場所がない
第4章 この社会で「母親である」ということ

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/07/30
出版社:ボイジャー・プレス
大月書店

児玉真美の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com