書影

私と鰐と妹の部屋

大前粟生 文学 1320円

作品説明

妹の右目からビームが出て止まらない。薔薇園にいくと必ず鰐がいた。眠たくて何度も泣いた。紙粘土で上司たちの顔をつくった。三人でヤドカリになった。サメにたべられて死にたいだけの関係だ。あたらしい名前がいる。おばけになっているときはなにも話してはいけない。肩車をした拍子に息子の股間が私の首にくっついてしまう。隠れ家的布屋さんは月に進出している。私は忍者で、すごいのだけれど、あんまりみんな信じない。

【目次】
ビーム
ムキムキ
ものを溶かす汗
世界ブランコ選手権こどもの部決勝戦
へそのゴマ
狼1
骨とテレビに出た
かなでちゃん
こっくりさん
私と鰐と妹の部屋
植物園
お墓
なにかが死んでいる
屋根裏部屋
チェーンソー
夜中
歯医者さんの部屋
サンバイザー
こういうのが好き
呪われてしまえ
トースター
紙粘土で友だちをつくった
刺繡
私はゼロ

僕は泳いだ
二十歳になったら悪魔になる
てるてる坊主
おばけの練習
小説とケーキ
誕生日

ジョン・トラボルタ
好きなひとと同じときに体調を崩してるとうれしいよね
ミイラ
いまどこにいるの
星を読まない
ヤドカリの家
トカゲの死
サランラップ
平凡
隠れ家的布屋さん特集2049
植物って知ってる?
仕事をやめる
斧に白いサインペンで名前を書く
シェルター
知らないひと
石の動画

サメ友だち
棺のなか
雷は庭に落ちた
あそび

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/04/27
出版社:ボイジャー・プレス
書肆侃侃房

大前粟生の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com