書影

永遠の家

エンリーケ・ビラ=マタス木村榮一野村竜仁 外国文学 1870円

作品説明

芸術の破壊と再創造をめざすスペイン文学の奇才が綴る〈虚空への新たな跳躍〉を試みる腹話術師の悲しくも可笑しい幻想的連作短編集。

【目次】
ぼくには敵がいた
別の怪物
お払い箱
底流
古い連れ合い
ぼくが願っている死に方
カルメン
展望台の塔
お話の効果
師のもとを訪れる
下着のままの逃走
永遠の家
解説

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2022/03/25
出版社:ボイジャー・プレス
書肆侃侃房

エンリーケ・ビラ=マタスの作品一覧

木村榮一の作品一覧

野村竜仁の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com