書影

サイゴンの昼下がり

横木安良夫 文化/民俗 1430円

作品説明

1994年初めてベトナムを訪れた。悲惨な戦争の残骸を確かめに行くつもりだった。到着した深夜の闇に包まれたサイゴンはひっそりとしていた。そしてまだ暗い明け方、歓声で目が覚める。街頭の下、喜々として裸足でサーカーを興じる若者たち。そして訪れた朝のベンタイン市場。僕はベトナムが実は豊かな国で有ることを知った。本書(サイゴンの昼下がり)をきっかけに文章も書くようになる。小説「熱を食む裸の果実」講談社。ノンフィクション「ロバート・キャパ最期の日」東京書籍。横木安良夫。

【目次】
一・サイゴンの昼下がり
二・メコンデルタ・クルージング
三・ヴェトナムのニース、ニャチャン
四・姉と妹
五・居場所のないバレリーナ、ミ・ズエン
六・アオザイと安南の娘
七・僕と同世代のヴェトナム人
八・もう一つの歴史
九・戦争写真家ロバート・キャパと一ノ瀬泰造
写真解説
横木安良夫の電子書籍
ShINC.の電子書籍

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/12/03
出版社:ボイジャー・プレス

横木安良夫の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com