書影

パーティは明日にして

木田智美 詩/短歌/俳句 1760円

作品説明

あたらしくって、なつかしい。サイダーから噴き出す、あの夏の虹みたいに、十七音を駆け抜ける、カラフルな言葉たち。ひりひりと光り出す、やさしい記憶。
─神野紗希(俳人)
【収録句より】
春光にさらして角砂糖かわいい
さっきまでピアノの部屋の蝶だった
桜蘂降る自転車は海の色
ラズベリータルト晴天でよかった
シェパードのにおいして今日も雷
蛇衣を脱ぐや瞳に爛と艶
コンビニの花火がしょうもなくて笑う
目をほそめ三日月を研ぐペダル漕ぐ
抱けばきみ定形外や藍の花
漫才師去る足揃う三十三才

【目次】
Ⅰ ひかり
Ⅱ 水
Ⅲ エナメル
Ⅳ 絵の具
Ⅴ たぶん
Ⅵ 艶

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/10/08
出版社:ボイジャー・プレス
書肆侃侃房

木田智美の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com