書影

キリンが小説を読んだら

読売新聞文化部「本よみうり堂」 文学 1650円

作品説明

読売新聞の読書面「本よみうり堂」で紹介された約30年分の名著60冊を1冊で網羅。
あなたは何冊読んだことがありますか?

小説を読むと語りたくなる。その連鎖こそがまさに文学なんじゃないか。
(阿部公彦)
読書は出会い。文芸はものを考える具体的な現場、今後ますます必要だ。
(蜂飼耳)
日本語で書かれた現代文学という枠の中で、読者と共有したかった。
(辛島デイヴィッド)

【目次】
はじめに
目次
chapter1 文学と心
chapter2 文学と言葉
chapter3 文学と社会
chapter4 文学と生命
あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2021/10/08
出版社:ボイジャー・プレス
書肆侃侃房

読売新聞文化部「本よみうり堂」の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com