『なかったことにしたくない』落合早苗

電子書籍検索サイトhon.jpの起業から解散を描く
『なかったことにしたくない 〜電子書籍をさがすなら hon.jpの5122日』落合早苗 無料立ち読み

印刷版:2,200円(税込)
電子版:1,100円(税込)

なかったことにしたくない 〜電子書籍をさがすなら hon.jpの5122日

著者:落合早苗

100万作品におよぶ電子書籍のメタデータのデータベースをビジネス化した株式会社hon.jp。その起業から解散まで、すべてにかかわった著者・落合早苗の記録を通して、ITビジネスの厳しさ、面白さを伝える一冊。

hon.jpの元社長・落合早苗自身が2004年の起業から2018年の会社解散までを書いたノンフィクション。落合は2004年にインプレス創業者・塚本慶一郎と出会い、電子書籍検索サイトhon.jpを運営するインプレス100%子会社の経営を任される。だが、まだまだ支援が必要な時期に塚本が倒れ、1年後のリーマンショックで親会社から事業撤収を告げられる。事業を継続するにはスピンオフしかない。もう一人の経営者・塩崎泰三とMBOへと動き、2009年に独立。黒字化も果たし、待望の『電子書籍元年』を迎えたが……

ご購入はこちら
“電子書籍年表”データ 進呈中

本書のサブテキストとして1992年から2020年までの電子出版関連の出来事を年表にいたしました。メールアドレスをご登録いただいたみなさまに、無料でお送りいたします。
好評のため、プレゼント期間を8月31日まで延長いたしました!

“電子書籍年表” お申込
著者紹介

落合早苗(おちあいさなえ)

学習院大学文学部卒。O2O Book Biz代表/日本ペンクラブ言論表現委員。
出版社、IT関連会社などを経て、2004年株式会社インプレス入社。同年、株式会社hon.jpの立ち上げに参画。2006年代表取締役社長に就任。2009年MBOを実施、グループより独立。2015年6月にO2O Book Bizを設立し、hon.jpよりマーケティング・コンサルティング事業を新会社に承継した。 一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)特別委員として、出版情報登録センター(JPRO)、BooksPROなど業界横断のメタデータ・データベースの構築などにも参加。

▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com