作品数:310作品
310件中 2130件を表示
  • ゴルゴ13 (186)の書影 652円 2017/09/05

    ゴルゴ13 (186)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    アフリカ、エチオピア~ソマリア国境。日本で印刷され某国に運ばれる途中、ソマリア沖で海賊に奪われた新国債券取り戻すため、日本の公安調査員と、現地をよく知る、彼の弟が乗り込むのだが…表題作『BROTHER HOOD・絆』他、2話(『異次元実験の危機』『禁忌のスコープ』)を収録。 【異次元実験の危機】フランスの変電所でテロ未遂が発覚。犯人の目的は国際研究施設・CERN(セルン)への電力遮断にあるとして、物理学者ミルザは計画阻止をゴルゴに依頼する。しかし犯人グループの真の目的は別にあった…

  • ゴルゴ13 (185)の書影 652円 2017/07/05

    ゴルゴ13 (185)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    スイスの銀行頭取が“黒い小さな物体”に襲われ次々と変死するという事件が起きた。殺人として捜査を始めた警察は、犯行はゴルゴによるものと判断、逮捕を目論見るのだが……表題作『天空の毒牙』他、2話(『史上初の狙撃者 ザ・ファースト・スナイパー』『カリブの人喰い菌』)を収録。 【天空の毒牙】スイスの銀行頭取が“黒い小さな物体”に襲われ次々と変死するという事件が起きた。殺人として捜査を始めた警察は、犯行はゴルゴによるものと判断、逮捕を目論見るのだが…… 【史上初の狙撃者 ザ・ファースト・スナイ

  • ゴルゴ13 (184)の書影 652円 2017/04/05

    ゴルゴ13 (184)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    メキシコで麻薬から反応速度を飛躍的に高める新薬「ACT-X」が開発された。麻薬カルテルは、ビーチバレーの大会でその試験と売り込みをかけようとするのだが……表題作『ACT-X』他、2話(『日・ASEAN会議』『ジンネマンの2時間』)を収録。 【ACT-X】メキシコで麻薬から反応速度を飛躍的に高める新薬「ACT-X」が開発された。麻薬カルテルは、ビーチバレーの大会でその試験と売り込みをかけようとするのだが…… 【日・ASEAN会議】日本。香川県高松市でASEAN会議が開かれることになった

  • ゴルゴ13 (183)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (183)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    パレスチナ自治区――物流をイスラエルに押さえられているガザ地区はエジプトから物資を密輸入していたが、多くの物資が偽ドル札で支払われていた… 表題作『キメラの動力(パワー)』他、1話(『檻(おり)の国』)を収録。 【檻(おり)の国】パレスチナ自治区――物流をイスラエルに押さえられているガザ地区はエジプトから物資を密輸入していたが、多くの物資が偽ドル札で支払われていた。それらはイスラエルと共同戦線をはる組織、ファタハの首領・ナビールが首謀者だったのだ。ナビールの狙撃を依頼されたゴルゴだが、ナビ

  • ゴルゴ13 (182)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (182)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    アンデス山中で氷漬けの女性の遺体とカメラが発見される… 表題作『甦る潜像』他、2話(『高度1万メートルのエピデミック』『偽装依頼』)を収録。 【高度1万メートルのエピデミック】ニューヨーク行きの旅客機内で未知のウィルスに感染した女性が発症した。感染力の強いウィルスを恐れた副操縦士はコックピットを占拠してしまう。アメリカ大統領はパンデミックを恐れ、ゴルゴにある依頼をする。 【甦る潜像】アンデス山中で死後数十年経過している氷漬けの女性の遺体とカメラが発見された。この記事を見た元秘密警察で

  • ゴルゴ13 (181)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (181)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    中国・ウイグル自治区では、中国の圧政の中、たびたび暴動がおきていた。そんな暴動のさなか、活動家の男・ウルハムが軍の医療施設から国家機密であるカルテを奪い、タクラマカン砂漠へ逃亡… 表題作『楼蘭・さまよえる死神』他、1話(『凋落した名車』)を収録。 【楼蘭・さまよえる死神】中国の圧政により新疆ウイグル自治区ではたびたび暴動がおきていた。その中、活動家の男が軍の施設から国家機密を奪い逃走した。中国軍は精鋭部隊を投入、ゴルゴもまたターゲットを追いタクラマカン砂漠へと向かう… 【凋落した名車

  • ゴルゴ13 (180)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (180)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    イギリスの名門考古学一族、ウェザー家。その一族の若き考古学者、マーチン・ウェザーはクフ王にまつわる歴史的な発見を成し遂げようとしていた。しかし… 表題作『ギザの醜聞(スキャンダル)』他、2話(『誰がそれを成し得たのか』『死への階(きざはし)』)を収録。 【ギザの醜聞(スキャンダル)】イギリス考古学会の名門一族に属する青年学者が歴史的大発見となる発掘で失敗。彼は名誉挽回のためクフ王のピラミッドのキャップストーンを発見するが、祖父は… 【誰がそれを成し得たのか】日本の政府開発援助チームが

  • ゴルゴ13 (179)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (179)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    住宅バブルが崩壊し金融恐慌の危機が深刻化するアメリカ。それを防ぐために、資金供給を求めるボルトン財務長官だったが… 表題作『恐慌前夜』他、3話(『疑惑のペースメーカー』『グアンタナモの地雷原』『獣の爪を折れ』)を収録。 【恐慌前夜】住宅価格の暴落による金融危機が深刻化するアメリカ。政府は大手金融機関の破綻を恐れ公的資金の投入を検討するが、巨大保険グループが資金供給を拒否。政府は… 【疑惑のペースメーカー】核兵器に関する情報収集を始めたスイス。CIAは頻繁にロシアに出入りする男が心臓に

  • ゴルゴ13 (178)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (178)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    イラク戦後処理の一環として、各国の石油会社による開発が始まる中、日本の五領石油ホールディングスも石油開発の参入枠を確保することに成功したのだが… 表題作『魑魅魍魎の井戸』他、2話(『アレーナ・ディ・ヴェローナ』『許された命』)を収録。 【魑魅魍魎の井戸】イラク戦争後、欧米やロシア、中国の石油会社とともに日本の企業も石油開発に参入することになった。だが、テロ組織が石油技師たちを誘拐。その中にゴルゴが… 【アレーナ・ディ・ヴェローナ】世界最高のテノール歌手がノドの衰えに悩み、このまま歌手

  • ゴルゴ13 (177)の書影 607円 2017/02/01

    ゴルゴ13 (177)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    チベット自治区で激しい圧政を敷いている中国共産党。圧政から逃れるため、チベット人はヒマラヤ山脈を越えてネパールやインドへと脱出を図る者もいる。そんなチベットで、亡命を試みようとしている若者らが、ヒマラヤの山中に墜落した… 表題作『欲望の輪廻転生』他、2話(『ピジョンブラッド 失落の鑑定書』『夏の老人』)を収録。 【欲望の輪廻転生】ネパール領のヒマラヤ山脈に、20億円の現金を輸送中の飛行機が墜落。発見したチベット人たちは、その金でチベット独立の組織結成に動く。ゴルゴへの依頼は? 【ピジ

310件中 2130件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com