腎臓病は身近な病気です。健康だと思っているあなたも「未病」かもしれません。

生活習慣病などに悩まされる前にちゃんと病気について知っておくことが重要です。
どんな思いで医師は患者に向き合っているのか? 『医師の想い —富さんの診療余話—』どうぞお読みください。
著者について »

  • 医師の想い —富さんの診療余話— 無料で公開中

    医療の現場で起こる色々な出来事。 座薬を座って飲む薬だと勘違いした患者の話、「もっといい医者呼んで!」と言われてしまった悔しい話など読みやすくまとめて一挙収録。 腎臓内科臨床医として40年歩きつづけた富野康日己が医療問題や社会問題も踏まえて後世に伝えたい大事な気持ちです。

  • 医師の想い —富さんの診療余話その2— 新刊

    腎臓内科医の富野康日己の1日の出勤から帰宅までに経験した出来事を通じ日頃感じていることをまとめました。
    今回はCOVID-19の収束を祈って記した肩の凝らない小冊子です。ゆったりと読んで下さい。

  • 「健康に生きる」

    未病という言葉を知っていますか? 一応健康であるが自覚症状も他覚症状もなく、病気に近い健康状態をいいます。
    もし、あなたが未病ならいずれ生活習慣病は誰しもやってきます。
    糖尿病、高血圧、脂質異常症、痛風、慢性腎臓病などに悩まされても事前に知っておけばしっかりと健康に生きる事が出来ます。
    それぞれの病気の症状や対処法も写真や図を使ってわかりやすく解説いたします。

  • 「健康に生きる」(第2報) 新刊

    生活習慣病をはじめとして、腎臓病は身近な病気です。
    第一報では腎臓病について詳しく説明していますが今作の第二報ではよりわかりやすく、見やすく写真なども多く使って解説しています。
    腎臓病として最近最も問題になっているのは糖尿病の重症化です。
    糖尿病をはじめとして腎臓病治療と予防に活かしていただきたい一冊。

  • 腎臓病 Q&A 50

    本書は、腎臓病の概念、腎臓病の症状、合併症・検査・治療(日常生活、食事療法、入院治療、薬物療法、透析療法、腎移植)について簡潔にまとめ、スマートフォンでも読んでいただけるようにしたものです。自覚症状が出にくいことから腎臓病は発見が遅れがちです。末期腎不全となれば、透析療法となります。この患者数は23万人を超えています。腎臓は、尿をつくり老廃物や有害物質を排泄する外分泌作用のほか、血圧の管理や造血に働くなど内分泌作用も担っている重要な臓器です。腎臓病をわかりやすくあなたに解説いたします。

  • 生活習慣病における服薬マニュアル

    生活習慣病の診療ガイドラインは時とともに改訂・変化せざるをえません。常に新薬の開発があり、ジェネリック医薬品の導入も行われています。変化に対応できるこれからの出版物を真剣に考えました。それは、紙の出版ではなく、デジタルに、ネットワークに調和する環境をみなさまに提供することです。日常使っているモバイル・フォンで、最新のガイドラインが見て取れる、常にその人と共にある生活習慣病最新処方例コンパクトです。

著者/ 富野康日己

1949年生まれ、1974年順天堂大学医学部卒業、1984年東海大学医学部内科講師、1994年順天堂大学医学部内科学講座教授、1999年ハノイ医科大学客員教授、2000年香港大学客員教授、2001年高雄医科大学客員教授、2003年インドネシア大学客員教授、2004年順天堂大学医学部附属順天堂医院副院長を経て、2006年同大学医学部長、2008年同大学大学院研究科長を歴任。現在、順天堂大学名誉教授、(医)松和会理事長。

▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com