メディア掲載情報一覧
『環境と文明』2019年4月号に書評が掲載されました

認定NPO法人「環境文明21」の会報誌『環境と文明』2019年4月号に書評が掲載されました。

記事PDFはこちら

『山形新聞』2019年3月3日号に書評が掲載されました
アメリカの地球科学者、W. ブロッカーが、先月18日死去した。1970年代初頭「地球寒冷化」説が主流を占める中、彼は75年、二酸化炭素(CO2)の増加に伴う温室効果による地球温暖化を主張。 事実その翌年から地球の平均気温は上昇し、今日、その主原因は化石燃料の大規模消費により排出されるCO2であるという見解で、ほぼ確定している。
本書は温暖化の現状と地球環境の激変に関し、元気象予報官を中心に、研究者、国際石油資本、日米政府関係者など、各立場からの主張や思惑を軸に展開する環境小説。 同時に、現在に限りなく隣接した近未来小説でもある。著者はジャーナリストであり、政府や大企業の腐敗に関する小説も多く手がけ、本書でも記者としての取材スキルと実体験が縦横に生かされている。…… 続きはこちら
雑誌『リベラルタイム』2019年2月号に書評が掲載されました
2018年現在における最新の環境データに基づき、近未来に起こりうる大災害とそれに立ち向かう人々を描いた本書。著者はジャーナリストの北沢栄氏だ。
本書は形式としてはあくまで小説だが、小説中で用いられる科学的なデータは全て最新の研究に基づいたもの。著者の得意とする明確なエビデンスを用いた「ジャーナル・ノベル」ともいうべきスタイルだ。…… 続きはこちら
ウェブサイト「サイバー燈台」にて紹介されました

サイバーリテラシー研究所のウェブサイト「サイバー燈台」のコーナー「新サイバー閑話」にて紹介されました。

7月の西日本豪雨をはじめ、たびかさなる台風襲撃、6月の大阪北部地震など、今年は大きな災害が日本列島を襲った。集中豪雨の特別警報で気象庁は「かつて経験したことのない大雨」といった表現を使うし、ゲリラ豪雨という呼び方もすっかり定着した。地球の生態系にかつてない異変が生じているのは明らかで、異常気象は今後も激しさを増すと覚悟すべきである。その原因は地球の温暖化であり、その元凶こそ化石燃料が生み出す二酸化炭素(温暖化ガスの最たるもの)である。
しかし、自分たちの小さな行動が大きな結果に結びつく「リスク社会」の危険を肌身で感じることは難しい。それを避けるために何を心がけるべきなのか。その対策は国際会議などで検討されているとはいうものの、漠然とした数値基準で個々の人びとを具体的行動へと駆り立てることは至難である。「総論賛成、各論反対」、「現実の利益追求が第一」などと言っているうちに事態はどんどん悪化していく。…… 続きはこちら
この本の感想をいただきました
アマゾンレビュアー
映画「デイ・アフター・トゥモロー」を彷彿とさせた。近年の異常気象を単なる「偶然」と片付け、温暖化へのその活動の影響を認めようとしない産業界。著者は気鋭のジャーナリストでもある。科学データをもとに近い将来起こり得るかもしれない「破局」を浮き彫りにするタッチはあたかも悲劇的な人類の未来を予言しているかのようである。この小説は自らの首を絞め、破滅への道を突き進んでいることに気づかない愚かしい人間達への警鐘である。
アマゾンレビュアー
小説の形をとっているが、著者のジャーナリストとしての豊富な知見が存分に詰め込まれている一冊。主人公は人間の行き過ぎた経済活動によるCO2の増加によって、地球温暖化は喫緊の課題と受け止めている。一方、アメリカや日本の産業界は、経済成長一辺倒で、環境問題は二の次どころか、新たなエネルギー利権を目指して欲望を膨らませる。その間にも温暖化による天変地異が進み、ついに運命的な事態へと進展していく。早急な最初を行うべき政府はあてにならない。そこで主人公やその周辺の人物がとるべき行動に焦点が当てられる。いささか解説過多のところはあるが、十分な緊迫感を味わうことができた。それと同時に、現在私たちがどう生きるべきか?も考えさせてくれる。エネルギーは生きるために必要ではあるが、それは再生可能エネルギーで地産地消を目指すべきであろう。
福岡県、男性
私自身、10年ほど前の2月にアイスランドに行った時、氷河の先端が次第に後退しているのを目の当たりにしました。また、カナダのコロンビアアイスフィールドでも同様に感じました。しかし、南極の氷河棚氷の温暖化による崩壊の危機については全く知りませんでした。
ということはメディアでも取り上げられることが少ないからではないでしょうか。其の点、着想が凄いと思いました。
NHKの自然を対象とした番組をよく見るのですが、地球温暖化に的を絞った番組は、豪雨対策が多く、其の根本要因にまで遡り、警鐘を鳴らすものは少なく、今回の『南極メルトダウン』の内容に迫るものは無かったように思います。私自身大いに啓発されました。
愛知県、女性
ジャーナル・ノベルのすごい迫力に圧倒されました!特に最終章「南極メルトダウン」に引き込まれました。とてもリアルで、ドキュメンタリー映像を観ているような感覚でした。これからの新しい小説〈ジャーナル・ノベル〉の旗手に拍手!
千葉県、男性
地球規模の大災厄といわれても、雲をつかむような話なので実感をともなわないまま読みすすんでいきましたが、途中から、物語る力に押されて最後まで読まされました。
読んでいまして、この「地球大破局」、日本の「財政破綻」の道筋と似ているなと思いました。事前の警告の無視、問題の先送り、トランプのパリ協定離脱、安倍政権の赤字急増と100兆円予算、政権に蝟集する利害関係者、遠ざけられる温暖化支持派、骨抜きされる再建派―などです。
茨城県、男性
温暖化は、重要な問題でいいテーマです。マスコミでも、北極はニュースになるけれど、南極はあまり採り上げられないので、目の付けどころが大変いい。私も、ここで使われている数字は殆ど知らなかったので、頭の整理に大いに役立った。近未来に南極不安が顕在化するという、問題意識は正しいのではなかろうか?
米ニューヨーク、女性
読み終えました。特に地球温暖化と環境破壊に導いた資本主義の罪について「私の言いたいことを全部言ってくれた!」と思いました。
米国が現在世界中に広がってしまったグローバル企業最優先主義を生み出し、国内のひどい格差、国家間のひどい格差を生み、それに世界の先進国が追随しました。60年以上前の米国の大企業主の収入は今とは比べものにならない位の少なさで世界に還元していましたが、相続税が5 million dollarsまで非課税という現在の米国では、金持ちは金持ちのまま、貧乏は貧乏のままという社会に変わってしまいました。
東京都、男性
完成度・専門レベルの高さに驚いております。私なら、専門外のテーマは、自らのレベルアップが無理と最初からあきらめます。それを北沢さんはあきらめないで取り組み、努力されて結果をだされるので、ただただ驚き、感心しています。
特に、今回も自然界・自然科学の問題に社会性・人為性の視点を見失わずに、しっかり話を展開されますので、自然科学者が筆を執っているに違いないが、随分社会意識のしっかりした自然科学者だという印象を受けるほどです。気象予報官が主役になり、南極発の津波の大洪水や南極の崩壊などの話が展開される創作や研究書を、もともと社会科学者の北沢さんが取り組めるはずはないと信じていますから、完成された御著書が不思議でなりません。しかも、短編ではなく大著になっているのも驚きです。それほど、今回の御高著は驚きです…。
その他の感想はこちら
▼このページをシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com