作品数:631作品
631件中 110件を表示
  • カフカがサラリーマンだったって知ってましたか?の書影 540円 2019/04/20
    新着作品

    カフカがサラリーマンだったって知ってましたか?

    佐藤守徳 外国文学

    フランツ・カフカは20世紀初頭のサラリーマンだった。しかし、そのことを研究した人はいない。ここには大きな問題が隠されており、その文学とともにサラリーマンを生きぬいた人でもあった。このことは強調してもしすぎることはない。だって、だれもサラリーマンの本質を知らないのだから。それを知るといかに束縛されたい生き方であるかがわかる。それをカフカは芸術へと切り開いた。彼を見習って、自立しよう。 【目次】 はしがき 第一章 サラリーマンだったカフカ 第二章 引きこもってはいけない 第三章 他者の

  • ゴルゴ13 (192)の書影 640円 2019/04/20
    新着作品

    ゴルゴ13 (192)

    さいとう・たかを 青年マンガ

    建国以来、軍隊を持たない国・アイスランド。その地で中国人実業家の大規模な土地買収が始まった。中国の目的は軍隊を駐留させアイスランドを実効支配することだったのだが……表題作『軍隊を持たぬ国』他、1話(『未病』)を収録。【未病】鍼灸医学の国際基準を手中にしようと中韓の学会が激しく対立する。そんな中韓国学会の副会長が中国側の会長暗殺を企てゴルゴに依頼する。しかし…【軍隊を持たぬ国】建国以来、軍隊を持たない国・アイスランド。その地で中国人実業家の大規模な土地買収が始まった。中国の目的は軍隊を駐留させアイ

  • 平野甲賀100作の書影 1620円 2019/04/19
    新着作品

    平野甲賀100作

    平野甲賀 絵画/作品集

    力強く、かつ繊細に――。独特な描き文字を駆使した平野甲賀の装丁は、数十年にわたり出版界を牽引してきました。手がけた装丁はその数7000冊。平野甲賀が毎日写経のように、すでに出版された装丁やかつての演劇・コンサートのポスター・チラシに描いた文字に向かい、いまいちど自ら手を加え、和紙に刷り出した作品の集積です。本書にはこれら作品とあわせて、平野甲賀がこれまで著書・インタビューに書いた・語った言葉を再編成して収めています。収録作品は読みながらインターネットを介してすべて購入できる仕組みになっています。

  • Kouga Hirano’s 100 Worksの書影 1090円 2019/04/19
    新着作品

    Kouga Hirano’s 100 Works

    KougaHirano 絵画/作品集

    So powerful, and yet so delicate. Kouga Hirano’s unique hand-drawn letters have highlighted book covers, making him a prominent figure in the publishing industry for decades. He has undertaken numerous covers – indeed, 7000 books. Even today, Hirano

  • しょぼい喫茶店の本の書影 1360円 2019/04/10
    注目作品

    しょぼい喫茶店の本

    池田達也 人生論

    就職できなくても生きる!!東京・新井薬師に実在する「しょぼい喫茶店」(という名前の喫茶店)が出来るまで、と出来てからのエモすぎる実話。就活に失敗した大学生が、人生に行き詰まる→「しょぼい喫茶店」をやりたいとブログに綴る→『しょぼい起業で生きていく』著者・えらいてんちょうに発見され、ブログがSNSで話題に→見ず知らずの人に100万円もらう→ここまでの展開に感動した女性が「手伝いたい」と鹿児島から上京→ふたりで「しょぼい喫茶店」オープン→紆余曲折あり、ふたりは結婚。超絶ウソっぽいですが実話、のお話。

  • 南極メルトダウンの書影 810円 2019/04/01
    注目作品

    南極メルトダウン

    北沢栄 文学

    地球温暖化はティピング・ポイント(転換点)を超えた。南極大陸の氷河・氷床が海水温の上昇で融解し、ついに崩壊して世界規模の大津波を引き起こした。暴走する資本主義が地球を破滅に追い込んだのだ。気象予報官の白井清は気象庁を自主退職、独立して温暖化の危機に遮二無二に取り組む。国際石油資本の謀略に巻き込まれながらも異常気象の真因を突き止め、折からの破局を救おうと奔走する。【目次】Ⅰ 天変地異Ⅱ グリーンランドⅢ 気候大変動Ⅳ 南極メルトダウン

  • 美味しい楽しいスペインバスク 2019の書影 950円 2019/04/01
    注目作品

    美味しい楽しいスペインバスク 2019

    尾崎めぐみ ガイド

    世界でも有数の美食の聖地と言われるスペインバスク地方。サン・セバスチャンとビルバオの数百を超えるバルから、美味しくて楽しいバルを最新情報とともに観光者目線で厳選して紹介します。バル巡りに必携!荷物にならない電子版です。2019年版。 【目次】 はじめに ★★★スペインバスク一般情報★★★ スペインバスクへのアクセス ビルバオ空港の入国審査と預け荷物受け取り おすすめの訪問時期と、混雑する時期 ★★★バル巡りの基本★★★ バル巡りの鉄則 カリエンテメニューと、温めてく

  • ねこの小児科医ローベルトの書影 1620円 2019/04/01

    ねこの小児科医ローベルト

    木地雅映子/五十嵐大介 ファンタジー

    よなかに、ぐあいがわるくなった子どものところにきてくれるおいしゃさん、それがねこのローベルト先生です。こんやは、どんな家にいくのでしょうか?寡作ながら、読者に強い印象を残す作家 木地雅映子と、独特の世界観と絵で人気の漫画家 五十嵐大介による、あたたかでやさしい作品です。

  • AIが書いた小説は面白い?の書影 777円 2019/03/20

    AIが書いた小説は面白い?

    今岡清藤井太洋 ビジネス教養

    古くは「電子頭脳」と呼ばれ、これまで多くの小説や漫画、映像作品の中に登場してきたAI(人工知能)。今やスマートフォンや家電、ネットなど、さまざまなところで我々の生活の中に入り込んできています。2015年、AI小説家が書いた作品が、ある作家賞の一次審査を突破し話題になりました。近い将来、作家の仕事はAIに取って代わられるのでしょうか? また、AIに「面白い小説」や「ヒットする小説」を書かせることは可能なのでしょうか? SF作家と元SF雑誌編集長が「AIと小説」をテーマに縦横無尽に語ります。(講演日

  • 工場閉鎖——ダモイの歌声が聞こえてくるの書影 432円 2019/03/20

    工場閉鎖——ダモイの歌声が聞こえてくる

    畑村達 文学

    大学中退の青年・河本俊夫は、戦後3年目の超就職難の社会で、レッドパージの嵐が吹く逆境の最中、共産思想かぶれの疑いを避けるため高学歴を隠し、危険この上ない化学工場で平工員として働いた。爆発事故で危機一髪の命拾いをし猛毒の塩素ガス漏れにも遭遇した。小規模な同族会社で、社長の無計画な経営破綻によって工場閉鎖に追いこまれた時、彼は工員達から整理委員に推され、未払い賃金補償のため本社で社長と対決することになる……【目次】粗雑な装置大火傷の記憶裂けたロープ砂利穴のそばで甕を割る?ブローカー社長ボロ家で亜美と

631件中 110件を表示

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ