書影

もじずりの賦(うた)

山川正平 ミステリー 540円

作品説明

空襲の神戸でやけどを負うた誠太郎は、親友、真一の祖父が営む病院で、奇跡的 な回復を遂げる。その時、入院費が払えない誠太郎に、真一の祖父は言った。 「ええ、ええ、出世払いや。」半世紀後、ホテル事業で大成功を収めた誠太郎 は、真一が院長を勤める病院に、「出世払い」として莫大な財産を寄付した。し かしその直後、誠太郎は持病の肝癌でこの世を去る。その死因に疑問を感じた真 一は、誠太郎の娘、玲子とともに、親友を殺した犯人探しに乗り出す……。

作家紹介

山川 正平(やまかわ しょうへい) 1930(昭和5)年生まれ。兵庫県西宮市にて外科医院開業、かたわら趣味として推理小説の執筆にかかわる。すでに20編もの作品をものにしている。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2012/12/17
出版社:山川正平

山川正平の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ