書影

蒼き炎 12巻

石川サブロウ 蒼き炎 324円

作品説明

竹蔵の想いが通じたのか、ついに天女は竹蔵の前に裸体を露わにする。
仏画師・海石、煩悩画家・竹蔵の二人がたどり着いた絵とは…。
絵の基礎を学ぶため、九州の黒田清輝のもとに身を寄せていた竹蔵であったが、物足りず東京へ行くことを決心する。
一方、黒田との対立で画壇から孤立している龍太郎だったが、竹蔵の上京を機に二人で個展を開くことを決意する。
画家を志して上京した二人の若者の蒼き炎は、始まりの地、東京で再びメラメラと燃え上がる!

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/06/01
出版社:電書バト

シリーズ一覧

    記事がありません

石川サブロウの作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ