書影

都之隠史作品集2 夕映えのアスカ

都之隠史 都之隠史作品集 歴史/時代小説 540円

作品説明

ペクチェで無位無官の史書生であった27歳のアキツは渡航する船の中で一人の魁偉な僧形の青年と知己になる。青年は「なんぞ黙して身を亡ぼさむや」を信条とし、難波津の港で「倭国はこちらに遷都したばかりだがわたしはあの山の向こうに興味がある」と話して金の錫杖を振る手の甲には黒い星形の痣があった。アキツは苦労して和名史少足と名乗るようになり、倭国に行って見たいと思うようになった契機のひとつでもある《日出処天子致書日没処天子無恙》の祖国の今を見届けるかのように、木簡に自分の眼で見た私史を記して行く。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/10/06
出版社:ボイジャー・プレス

シリーズ一覧

都之隠史の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ