書影

十六個の角砂糖

片岡義男 270円

作品説明

ふとした瞬間に誰かを思い出し、お茶に誘い出す。
誰にも経験のあることだろう。
電車を降りた男は思い立って女に電話をし、
そして女は自分が出向くのではなく、この家に来いと言う。
そこでふるまわれるのは紅茶だ。しかも、雨が降っているのに
わざわざテーブルに和傘を差し、バルコニーでそれを飲む。
そこには偶然の、ささやかな、しかし確かな時間の輝きがある。
二人はそれを楽しむ。親や家や恋の話をしながら。
さて、この二人の関係は?
それを推測するのが、読書の愉しみというものだろう。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/05/31
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ