書影

ソノマの重い赤

片岡義男 270円

作品説明

片岡義男の小説にはしばしば小説家や編集者が登場する。
そして、会話の中の言葉やフレーズが、そのまま小説のタイトルに成り得る、
というようなやりとりが描かれたりする。この短篇がまさにそうだ。
男性作家が短篇小説の構想を女性相手に語る。語る内容はまだカタチにはなっていないが
語っている行為、言葉そのものがこの小説である。
読者はその入れ子構造を愉しむ。そしてもちろん、
構想として語られる来るべき小説と、そのアイデアを聞いている女性とは
むろん、密接な関係があるのは言うまでもない。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/04/20
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ