書影

そして最後にマヨネーズ

片岡義男 270円

作品説明

主人公は作家。作家が女性と食事を共にし、
小説のアイデアを語って聞かせるという冒頭の展開は
片岡作品になじみのシーンの一つと言っていいだろう。
そこに、これまた片岡作品ではしばしばあらわれる実在した小説家、
リチャード・ブローティガン、という固有名が挿入される。
ブローティガンは主人公である作家にとっても
創作意欲を刺激してやまない小説家であり、彼がブローティガンがやろうとしていた
あるアイデアを自分もまた試してみたい、と口にするのだから
小説の最後にやってくるのはやはり、あの言葉なのだ。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/04/20
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ