書影

と、彼は思った

片岡義男 270円

作品説明

ある時、本のあいだに挟んであるモノに気が付き、
思わず昔を懐かしむ、ということは誰にでもある。
この小説では1枚のスナップ写真だ。
ほんの3年前。しかし20代の3年間といえば、
当時と現在とでは大きな差異があることも理解できる。
文庫本の中に挟まっていた1枚のスナップ写真を見ながら
若い夫婦は旅に出る。それは過去の検証から始まり、
「そうだったのか」という軽い驚きを伴いながら、
やがて空想へと至る。
そしてあの頃と現在をつなぐのは、赤い花束だ。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/04/20
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ