書影

肩をうしろから見る

片岡義男 270円

作品説明

理屈っぽい会話。それこそ、ある意味で
片岡義男の小説の真骨頂である。
「理屈っぽい」と表現すれば悪口だが、妥協を許さず、
男女が一つの観念をめぐって会話を持続させていけば
それはある地点から極めて身体的な実験となって現れる。
自分たちが望む状態を壊さないために
もう一つの、やはり自分たちが切望する行為を断念する、
断念し続ける男女の姿は端から見れば滑稽なものだが
その状態を生き切る切なさと強さが、繰り返すが片岡小説の真骨頂である。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/04/20
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ