書影

魚座の最後の日

片岡義男 270円

作品説明

記憶に刻み込まれる女性がいる。
その女性と再び会えば、それは再会、ということになる。
この小説においては2人の女性と
20歳前の男、その友人のもう1人の男が再会を演じる。
舞台は鹿児島から北海道まで。
そして海岸が重要な場所になり、写真が小さくない役割を果たす。
再会と海岸と写真の相互作用とはいかなるものか。
「あとがき」で作者がこの小説の主題を明らかにしているが
どうかそこは先に読まずにお願いしたい。
そしてタイトルの「魚座の最後の日」とは
実は作家・片岡義男の誕生日でもある。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2017/04/20
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ