書影

彼らがまだ幸福だった頃

片岡義男 270円

作品説明

徹底して「見る」ということを主題にした長篇である。
刻々と変化する時間と風景の中で何をどう見るのか。見て記憶するのか。
見ることを精密にするためにこの小説で導入されるのが写真。
男は写真を撮ることを通じて「見る=思う」ことを学ぶ。
そして女はいつも見られる存在でありつつ、「なににもならないままでいる」ことを続ける。
場所が変化する。ホテル、という中立の場所がある。
オートバイもある。それらはすべて「見る」ことのための好ましい環境だ。
「見る」「見られる」ことができている時間が幸福の時間である。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2016/03/25
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ