書影

短篇集 骨は珊瑚、眼は真珠

池澤夏樹 文学 432円

作品説明

沖縄の聖地久高島でかつては十二年に一度行われていた祭り、イザイホー。夢の中で、その祭りに巫女として参加している自分を見つける「眠る女」。
亡くなった夫の骨を砕き海に撒く妻。遠くからそっと見守る夫がやさしく語りかける「骨は珊瑚、眼は真珠」。
人類が死滅した地球にただ一人残された男がその死に向かって旅をする「北への旅」、絶滅寸前のシマフクロウが微かな命をつなぐ「最後の一羽」。
根源的な淋しさと淡い幸福感。静かに、美しく、詩的な言葉で綴られる9つの物語。

【目次】
眠る女
アステロイド観測隊
パーティー
最後の一羽
贈り物

北への旅
骨は珊瑚、眼は真珠
眠る人々

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2016/02/05
出版社:ボイジャー

池澤夏樹の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ