書影

高原のティー・タイム

片岡義男 270円

作品説明

小説においては、このような物語も可能なのか?
そうだ、むろん、十分に可能だ、とでもいうような一編。
最初と最後に、1つの視点がある。
その視点はフィクスで、テレビ画面を観ている。
紅茶のCMが表れる。秋の高原のティー・タイムだ。
CMが終わったら、番組が始まるだろう。
こちらはうってかわってにぎやかだ。うるさいほど。
番組の背後にあるアクションの積み重ねも、せわしない。
やがて、人によっては「惨劇」と呼びたくなる場面を映したあと
テレビは再び、高原のティー・タイムに戻る。

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2015/07/24
出版社:ボイジャー

片岡義男の作品一覧

    記事がありません

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ