書影

母なる自然のおっぱい

池澤夏樹 エッセイ 540円

作品説明

人間とは何か。人間と自然はどういう関係にあるのか。われわれの日々の生活がどういうメカニズムを経て自然を変えるのか――。
捕鯨や狩猟、エコロジーの実験、山、川、樹木、風景などについて思索する。極めて知的で創造的な、自然と人間に関する12の論考。読売文学賞受賞作。

【目次】

ぼくらの中の動物たち
ホモ・サピエンスの当惑
狩猟民の心


ガラスの中の人間


旅の時間、冒険の時間
再び出発する者


川について
風景について
地形について
再び川について


いづれの山か天に近き
樹木論

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2016/02/05
出版社:ボイジャー

池澤夏樹の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com
  • 漫画家・佐藤秀峰などの作品販売公式サイト
    マンガonウェブ