書影

【増補版】戦争は教室から始まる 元軍国少女・北村小夜が語る

「日の丸・君が代」強制に反対する神奈川の会/北村小夜 教育一般 1980円

作品説明

軍国少女として育った北村小夜さんは、現在の学校はすでに「戦前」だと語る。教室から始まる「戦争できる国」づくりの思想を解説。増補版として2018年に教科化した道徳の問題点と、パラリンピックがもたらす障害者差別を指摘。

【目次】
1.増補版にあたってのまえがき
2.まえがきにかえて
3.第一回 修身と道徳――より巧妙に、自発的に心とからだがお国に奪われていく
4.第二回 音楽 歌い継がれる戦争の歌――音楽は軍需品~歌は身に付き、人の心を唆す
5.第三回 障害児教育――能力主義を支えてきた特殊教育、支え続ける特別支援教育
6.第四回勤評・学力テスト――国家統制が強化されるとき、子どもの分断と教師への管理強化は同時に進む
7.第五回 学校行事 日の丸、君が代――行事を通して浸透する天皇制、戦争遂行体制
8.第六回 軍国少女を生きて――旗と歌に唆され、無知のゆえ侵略者の役割を果たした
9.第七回 道徳教育
10.第八回 オリンピック・パラリンピックは障害者差別を助長する

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/12/25
出版社:ボイジャー・プレス

「日の丸・君が代」強制に反対する神奈川の会の作品一覧

北村小夜の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com