書影

野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想

元木昌彦 エッセイ 1870円

作品説明

本書には、平成史を彩った数多のスター、政治家
などが次から次へと登場する。オウム真理教事件
をはじめ日本社会を震撼させた大事件を描く際
の臨場感も圧巻。また、編集長として戦友のよう
に付き合った名物記者たちを活写する筆致は深
い感動を呼ぶ。著者にとっては、「有名無名」より、
「人間」一人ひとりに焦点を絞ることが何よりも
大事なのだ。同時代を生きてきた誰もが自らの来
し方を想起できる点も本書の大きな魅力である。

【目次】
プロローグ 引っ込み思案だった高校時代とバーテンダー稼業

第1章 講談社の黄金時代
第2章 フライデー編集長「平時に乱を起こす」
第3章 週刊現代編集長「スクープのためなら塀の内側に落ちても」
第4章 ばら撒かれた怪文書と右翼の街宣、そして左遷
第5章 もしも、もう一度逢えるなら

エピローグ 愛すべき名物記者たちへの挽歌

あとがき

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/10/09
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

元木昌彦の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com