書影

ビバ! インクルージョン 私が療育・特別支援教育の伝道師にならなかったワケ

柴田靖子 エッセイ 1980円

作品説明

同じ水頭症の障害をもって生まれながら、療育→特別支援教育の“障害児専用コース”を突き進んだ長女と、ゼロ歳から保育園、校区の小・中学校学に学ぶ長男。二種類の“義務教育”を保護者として経験した辿りついた結論は。障害のある人を「私たちとは違う環境でないと生きていけない人たち」と場を分け、交じわる可能性を摘むことこそ差別であることを、2人の子どもの成長とともに親が気付き、自己変革をとげていく過程を描いた痛快エッセイ!

【目次】
はじめに~「彼ら」と「私たち」

第一章 子育てと介助・介護を仕分けする~母親元年
 一 シャバに助けを求める
 二 「介護・介助」と「子育て」を仕分ける
 三 「圧倒的な共感力」の中で暮らし始める

第二章 二十年後の自分に会う~母であるより友人として
 一 これを教育といえるか
 二 共に生きる決意の頃(社会も私たち家族も)
 三 これは彼の意思

第三章 バリエーションはすべてを可能にする~保障すべきもの
 一 インクルーシブを体感する
 二 排除、排除、排除!
 三 等しい人権をもつ人間として

第四章 絶望のさなかの希望~「死んでいい人」のかごに入れられて
 一 絶望の後、浮かび上がった道
 二 バリエーションは、この世界を救う

あとがき~猿が、木から、落ちた

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/10/09
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

柴田靖子の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com