書影

アーネスト・サトウと倒幕の時代

孫崎享 日本史一般 1980円

作品説明

幕末から明治にかけて日本に滞在した英国の外交官、アーネスト・サトウ。世界史上、相手国に喰い込んだ外交官は数多くいれど、対立する両者と密な関係を築き、相手国の歴史に深刻な影響を与えた外交官はアーネスト・サトウを措いて他にいたであろうか。なにしろ幕府を支援していた英国を薩長の側に付かせ、日本の政治体制を大きく変えてしまったのだから。
これまで日の当たらなかった一次史料を駆使し、アーネスト・サトウを論じた書であるが、江戸城無血開城へのイギリスの影響など、英国策からみた維新史は瞠目に値するものがある。

【目次】
第一章 アーネスト・サトウの来日
第二章 「桜田門外の変」から「生麦事件」へ
第三章 高まる「攘夷」の動き
第四章 薩英戦争後、薩摩は英国と協調路線に
第五章 孤立化する長州藩、そして第一次長州征討へ
第六章 薩長連合の形成と幕府崩壊への始まり
第七章 「倒幕」志向の英国と、 幕府支援のフランスの対立

▼この作品をシェアする
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • リンクをコピー
発売日:2020/10/02
出版社:ボイジャー・プレス
(株)現代書館

孫崎享の作品一覧

ジャンルからさがす

まだまだあります

  • 作家・片岡義男 電子書籍作品の公式サイト
    片岡義男.com